読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田貴裕 アート制作journal

岩手で絵画制作しています。作品紹介と日々の出来事を綴って行きます。

モノクロームの風景

アトリエより

f:id:impressionartworks:20170313104607j:plainf:id:impressionartworks:20170313104609j:plain

Mint Green L

oil on canvas board

(H)334x(W)239x(D)72mm

2016

 

 

モノクロームの風景

現実において、その瞬間を目にした時

雫が肌に滴るような緊張感に包まれます。

美しいとか、静寂の饒舌性だとか

それらをも超えて、現実の側面の異端的な部分のその中にいることの意味を未だ良く知り得ない事のもどかしさを、何かせずにいられない気持ちの中を洗い去る様な。

神秘とは何もかも奪い去っていく時に感じられるのかもしれません。

意味を突き詰めて行こうとする人々への抗いの様に、北国の神秘は降り去っていくのか。言葉にだって出来ないのに。

 

 

習慣

f:id:impressionartworks:20170311102636j:image

所謂前段階とか下準備というのが苦手だ。

思い付いた瞬間に後先考えず飛びついた事が幾らでもある。

だから満ち潮で来た道が沈んでしまい、引き返せなくて困惑する事もしばしばある。

こんな事ばかりでは困るので、そろそろ抜け出したいと常日頃思っている。

先述の下準備というのをまず意識的に行ってみる。

これをするには何が必要で、どんな手順を踏めばいいのかちゃんとハッキリしておく、といった次第だ。

未だここら辺が習慣化していないので違和感は相当ある。

怠惰にとって磁石の反発の様にくっ付きはしない。そこで磁力が弱まって行くのをただひたすら待つ様な感じだ。

多分こんな事を考えているうちはまだ難しいであろう。

 

find for snowscape series No.13

ffs(水彩画)

f:id:impressionartworks:20170310112617j:plain

find for snowscape 13

Arches paper,Watercolour

(H)240x(W)265mm

2016

 

水彩画

影の微妙な色合いが画面の印象を変えてしまいます。

重要なのは見えている状態を最も自然にする事ではないかと

思う瞬間がありますが、それが全てでは無いと思います。

ユリイカ

アトリエより

f:id:impressionartworks:20170310112321j:plain

f:id:impressionartworks:20170310112326j:plain

orange peel 3

oil on canvas

(H)455x(W)380x(D)70mm

2016

 

 

ユリイカ

Eureka

何も見えない、その瞬間から点の光が

どこまでも広がって行く様な感情。

思い描いていた事が実現した事より、初めて見たり触れたりするものにこの感情は多い。

そうなると世界にはどれだけその感情の種が転がっていることか、想像しただけで希望が湧いて来る。

しかし、そうなかなか見つかりはしない。

見えていても感じられないのかもしれない。

感情は時間と空間を超えてやってくる。いつでも降り注いで来る。

その瞬間を待ち続け、掴み取る事の繰り返しで日々を過ごして行く。

find for snowscape series No.12

ffs(水彩画)

f:id:impressionartworks:20170309113647j:plain

find for snowscape 12

Arches paper,Watercolour

(H)240x(W)265mm

2016

 

水彩画

省略、描いてないものを見えるように

するのが面白いのです。

ASHIATO

アトリエより 屋外より

f:id:impressionartworks:20170309111709j:plain

the water's edge

oil on canvas

(H)529x(W)455x(D)70mm

2016

 

ASHIATO

昨日からの降雪ですっかり真冬の景色に戻ってしまった。

外を歩くと未だ誰も足跡を付けてない道がずっと続いていたが

しばらく歩いた先の歩道へ出ると、とある足跡があった。

自分より一回り小さな足跡と、点々と細かな丸い跡が並んで

ついている。

おそらくお婆さんと犬の散歩の足跡だと想像していたが、

途中で犬の足跡が途切れてるのに気がついた。

人の足跡はまだ続いているのだが

いったいどこへ消えてしまったのだろう?