読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田貴裕 アート制作journal

岩手で絵画制作しています。作品紹介と日々の出来事を綴って行きます。

イタリアの映画

f:id:impressionartworks:20170403105401j:plain

f:id:impressionartworks:20170403105405j:plain

 

Outremer lapis 2

oil on canvas board

(H)199x(W)203x(D)62mm

2017

 

イタリアの名画には悲惨なストーリーが多い。

とある知り合いとの会話の中でこんな話が出た。

悲惨なのが多いとは言っても引き合いに出たのが『道』とか『自転車泥棒』ぐらいのもんだが。

戦後のイタリア社会の情景を描いた傑作は、終始重い現実を畳み掛けてくる。

 

それでもどちらの映画にも共通するのが、人々の活気の良さなのである。

それが唯一ではないけれど、救われる部分である。