石田貴裕 アート制作journal

岩手で絵画制作しています。作品紹介と日々の出来事を綴って行きます。

文句

f:id:impressionartworks:20170717163208j:image

とても暑い日が続く7月。

海外では看板の文字が溶けるほどの熱波に襲われたというニュースを見て、もしも絵が溶けたら面白いんじゃないか?

 

と暑さにやられた考えになってしまっている。

いやぁ、あんなのどうする事もできないよなぁ。

 

寒い時は寒い時で違う文句たれて、なんて忙しいんだろうと自己嫌悪に陥る。

やはり春秋くらいが続けばいいんだろうって結論になっても、夏冬が来なきゃ全くメリハリのない淡々とした気候の一年になるんだよね。

余計に時間の感覚があやふやになるのもそれは怖ひ。

 

やはり暑い日々をじっと堪えてる2017年7月である。

それにしても暑過ぎる。

模擬展示

f:id:impressionartworks:20170602173502j:image

screentonepainting

untitle

oil on canvas

 

 アトリエに絵をかけて見ている。

模擬展示と言えばいいのか、

イメージをイメージのままで処理し続けても

そのうちピンと張り詰めていなければならない糸がすぐ絡まってしまう。

分かりきっている事を何度も執拗に確認する様な物で、まぁマイペースでやっております。

5月定位

f:id:impressionartworks:20170530165825j:image

 screentonepainting

F8

 

虚空に手を合わせ

今日も無駄な物を作りましたと

心にもない懺悔を繰り返すだけである。

 

朝からスッキリと頭が動くのは

規則正しい生活の賜物かな

あいだ

f:id:impressionartworks:20170526234926j:image

 

 

そもそも作品の間にある部分がアートですね

 

そんな素敵な事を言った人がいたらしい。

距離

f:id:impressionartworks:20170520183830j:image

screentone painting

stencil painting

left:F30 / right:(h)1600x(w)2000mm

 

 拡大されたイメージを認識するのに、やはり距離を保つ結果になる。

アクリル

f:id:impressionartworks:20170507181248j:image

Screentone painting 2017

 

アクリル絵の具だけで作品を作ったのは久方ぶりだ。

 

ここ最近、マットな質感でありながら透明感を活かした深みのある表現を模索していた。

以前に透明水彩を使っていた事でイメージだけが発展していったものの、中々思うようにはならなかったのだ。だからアクリルを使う事にした。

 

触れる

f:id:impressionartworks:20170510184627j:image

Screentone painting

oil on canvas

2017

 

触ってみると絵の具の厚みがよくわかる。

これが画面の大きなムラであり、均質化された結果でもある。

『観る』と『触れる』がさり気なく有り合うように、絵画の丁寧な作法に努めて行きたい。